So-net無料ブログ作成
検索選択

羽生結弦くんと荒川静香さん [話題]

ソチオリンピックで金メダルを獲得した羽生結弦くん。
仙台で凱旋パレードも話題になってますよね~~。
なんとトリノオリンピックで唯一の日本人メダリストそして日本人女子唯一の金メダリスト
荒川静香さんとは切っても切れない??関係なんです。

2人とも仙台出身。そして時期は若干違いますが同じアイスリンク仙台というスケート場で練習しています。
金メダリスト2人を排出ってすごいですよね!!

で、結弦くんの金メダルには荒川さんの功績がかなりあるんです。

荒川静香さんが金メダルを獲得して日本に帰って来た時、記者会見で仙台のスケート場事情がかなり悪い、このままではリンク閉鎖、有能選手、コーチの流出が懸念されると言い、とても話題になりました。
その気持ちを汲んで村山宮城県知事がリンク維持の支援を発表し、一旦は金メダリスト排出の土地というのもあってフィギュアスケート熱も高まったそうなんです。
でも結局はスケートリンク場の経営が続かず、新たな会社を探しているところに東日本大震災でリンクが被災、営業停止となってしまいました。

結弦くんはそんなリンク存続の危機の時に荒川静香さんの声かけでリンクが持ち直し、練習を続けることができた1人で、荒川静香さんのことを恩人だと思ってるんです。

そして震災で被災したリンクを立て直すのは今度は僕の番だ!と、練習を続けるために仙台を離れたけれども、アイスショー等に出演し、各地で震災の支援とリンクの再建を訴えて活動してきました。
なんと結弦くんの書いた本の印税全部をリンクの債権のために寄付したんですよ!!すごい!!
そのかいもあってめでたくアイスリンク仙台が営業再開。
そしてソチオリンピックで金メダルを獲得し、その報奨金は全額アイスリンク仙台に寄付すると記者会見でも述べているんです。

そのくらい、このリンクに育ててもらったという気持ちが強いのでしょう。そしてそのリンクを助けてくれた荒川さんにはかなりの恩義を感じているのでしょう。
結弦くんのフィギュアのプログラムには必ずイナバウアー(厳密に言うとレイバック(背中をそる行為)イナバウアー(足を広げて滑る)と言うそうです)を入れてるとのことです。
もちろん金メダルを取ったプログラムにも結弦くんのイナバウアーが見れます。
これは荒川静香さんのオハコのイナバウアーを荒川さんに敬意を表していつも取り入れているんだそうです。
このイナバウアーは加点には全然関係ないんだそうで、ただ結弦くんがやりたいという気持ちだけで取り入れてるんです。

なんか泣けてきますね。なんと律儀で義理がたいオトコなんでしょうか!

そんな結弦くんが金メダルを取って、荒川さんがやったパレードを仙台でやってくれるのはとても嬉しいです。
宮城の人達も楽天イーグルス優勝に続き、本当に誇らしい出来事だと思っていることでしょう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。